2016年01月31日

東洋経済

久々に雑誌を購入しました。


690円もするので、中古です。
posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月29日

WS用ジョイント

届きました。

以前お伝えしておりました、ウィンド・サーフィン用のジョイントが届きました。

005.JPG


さすがプロです。

いい仕上がりです。

ただ現物を見ると、一番細い部分の強度がちょっと心配になります。

もう1mm太くしておけば良かったと思いつつも、うまくいくかどうか楽しみです。

次はこれにロープを接続しなければなりません。

2016年01月26日

LINE

突然思い立って、LINEについて調べ出しました。

当初韓国製だと思っていたのですが、どうも原産地は日本の様です。

それにあのライブドアが大きく関わっている様です。

道理で日本的な感じがする筈です。


posted by Mac at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | IT

2016年01月24日

四捨五入の罠の解説

お待たせしました。

なぜ”5”を四捨五入すると誤差が生じるかの解説です。

そもそも四捨五入とは、桁数を縮小するために下の位の数値を上の位の近い数値に丸める事です。

このため英語ではround(丸める)と呼びます。

これを図にすると以下の様になります。

round.png

例えば、一桁目を四捨五入する数値が14だとすると10と20のどちらに近いかと見れば10に近いので、10に丸めます。

また16だとすると、20に近いので20に丸めます。

ところが15ですと、10と20のちょうど中間にあるので、10にも丸められるし、20にも丸められます。

にも関わらず、四捨五入ですと必ず20に丸める事になるので、そこで誤差が生じるのです。

これはエクセル関数のROUNDでも発生します。

ですので、もしお金の計算でたくさんの端数の出る品物の金額を増やしたいのでしたら、1個ずつを四捨五入してから総額を計算した方が僅かながら金額は増える事になります。

大した話ではありませんが、知っていて損はないでしょう。

タグ:算数
posted by Mac at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月23日

天才を育む地理的条件

そろそろ5の謎を解かなければならないのですが、先にご紹介した話ができました。

アメリカニュース番組のレポートなのですが、興味深い話が満載です。

走り書きで恐縮ですが、ぜひ読んで頂ければと思います。

【先ず古代アテネ】

世界で最初の本物のグローバルな都市でした。

外国人に門戸を開き、外国人をメトエコスと呼んで、安全保障上はリスクであっても迎え入れた。

そしてアテネは国際都市になった。

それが天才を生み出す第1の要件となった。

これによって、多様化、高度に複雑化する場合に外部の才能にたよる。

大きく豊かでなければ優れた才能を惹きつけられない。

歴史上、天才は都市から生まれた。

アテネは大都市ではないが密集していて人の交流が盛んであった。

ソクラテスがプラトンを、プラトンがアリストテレスを、アリストテレスがアレクサンドロスを生んだ。

天才は人から人へ移るという事である。

天才は一人ではうまれない、コミュニティの中で集合的に生まれる。

【次はルネサンス中心のフィレンツェ】

レオナルドダビンチ、ミケランジェロ、ギベルティ、ブネルビスキ、リッピ。

これは偶然ではなく影響し合って、競争していた。

平和と安定だけでは天才は生まれない。

実際500年もの間、平和と安定を享受したスイスが生み出したものは、鳩時計くらいである。

反対に多少不安定でも豊かだったフィレンツでは世界的に有名な画家レオナルドダビンチを輩出した。

若く新進のミケランジェロは、レオナルドダビンチのライバルだった。それによって二人の良い所が引き出された。

そういう事はしばしば見られる。
天才は分野を跨いで活躍する。だが現在は難しい。

【オーストリアハンガリー帝国の首都ウィーン】

画家のグスタフクリムト、エゴンシーレ、オスカーココシカがいました。

第1の場所は家庭、第2の場所は職場、第3の場所は見知らぬ人と自由に交流できる場所。

条件

豊かな町、活気と競争と協力、新しいもの異なるものに開かれている事

ウィーンは1900年移民の街だった。フロイトも移民だった。

【アメリカ】

アメリカが世界最大の国になったのも同じ理由である。

アメリカでは雇用主の25%は外国生まれで、シリコンバレーのスターアップ50%以上外国生まれ。

スティーブジョブス氏の父親はシリア人だった。

現在アメリカはシリア人の入国を拒否している。


posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月22日

軽井沢スキーバス転落事故

先日発生したスキーバスの転落事故は、とても他人事とは思えません。

しかしながら、この数日の報道を見ていると、どうみても信頼のおけない情報ばかりです。

例えばあるテレビの無責任なコメンテータは、技量不足で坂道をスピードを出し過ぎたのだと言いますが、大型2種免許取得者でそんな事はあり得ません。

あるいはブレーキを多用してブレーキがフェードしたのだという人もいますが、今まで登り続けてようやく下りに差し掛かった所ですので、フェーディングはあり得ません。

BUS.png

また体調急変を指摘する向きもありますが、転落直前のタイヤ痕が右車輪のみだったという事は、転落を避けるため必死でハンドルを操作して車体が右側にロールしていたからに他ありません。

right.png

さらに転落直前に左のガードーレールに接触した時も、左の車輪のタイヤ痕があった事からもそれが伺えます。

left.png

すなわちドライバーは必死でハンドルを操作していたのです。

もっとヒドイのは次の画像です。

説明によれば、100mほど手前のガードレールに接触して右にハンドルを切ったため、左タイヤが宙に浮いた状態になり、片輪走行のまま100m進んで転落したということです。

bus2.png

このCGを見て、変だと思われませんでしょうか?

まず第一に、ガードレールに接触した瞬間から、なぜバスは右に傾いているのでしょう。

路肩にスロープがあればともかく、バスがガードレールに接触したのならば、バスの重心は当然ガードレールより高いので、バスは左に傾くはずです。

さらに、もしハンドルを右に切ったとしたら、バスの重心は遠心力で外側に引っ張られますので、車体やはりは左側に傾きます。

おまけに片輪走行は、バスの重心とタイヤの接地面が一直線を維持する様にしなければ決してできません。

バスの重心は、当然車体中心よりも下にありますので、バスの重心とタイヤの接地面が一直線になるには車体が45度以上も傾く必要があります。

45deg.png

乗客と荷物が多数乗ったバスで、100mも片輪走行するなんて、この緊急時にそんな芸当などできる訳がありません。

またもし走行中もギアがニュートラルであったのであれば、何かしらエンジン系のトラブルがあり、それを回避するためにニュートラルにした可能性もあります。

運転手にもご遺族が居らっしゃいます。

二次被害を避けるため、安易な犯人扱いは控えるべきです。

タグ:事故
posted by Mac at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月21日

四捨五入の罠(種明かし編)

お待たせしました。

一昨日の続きです。

答えを先に言ってしまいますと、四捨五入する値が”5”ですと、誤差が生じるのです。

先日お見せした、答えが異なった下の表を思い出して下さい。

No.数値四捨五入
11210
21310
31520
41010
51520
61110
71820
81720
91620
101110
138150
四捨五入140 

この表から、1桁目が5の数値だけ抜き出して、再度同じ計算をしてみます。

No.数値四捨五入
1  
2  
31520
4  
51520
6  
7  
8  
9  
10  
3040
四捨五入30 

 
すると上の表の様に異なる結果になります。

次に一桁目が”5”以外の数値を抜き出して、同じ様に計算してみます。

No.数値四捨五入
11210
21310
3  
41010
5  
61110
71820
81720
91620
101110
108110
四捨五入110 

すると上の様に、同じ値になります。
これで、どうも”5”が怪しい事は分かって頂けると思います。

ではなぜ”5”を四捨五入するとこの様に誤差が生じるのでしょうか?

続きはまた後程。


 
posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月20日

WS用ジョイント

最近算数ばかりに傾倒しているため、今日は予定を変更して、以前お伝えしたウィンド・サーフィン用のジョイントについてお知らせしたいと思います。

前回は図面を描いた所までお伝えしたのですが、その後数社に見積もりをお願いしました。
joint.png
柔らかくて加工し易いPOMなので、恐らく費用は5千円前後かなと予想していたのですが、とんでもありませんでした。

A社:9,720円
B社:9,936円
C社:13,600円

親指くらいの大きさなのですが、結構します。

当然ながら一番安い所に発注してみました。

うまく出来上がるか、楽しみです。

2016年01月19日

四捨五入の罠

さて、昨日の続きです。

足し算の前に四捨五入するのと、足し算の後に四捨五入するのでは、計算結果に違いは生じるでしょうか?

となると、実際にやってみるのが一番です。

No.数値四捨五入
11110
21210
31310
41410
51520
61620
71720
81820
91920
102020
155160
四捨五入160 

上の表の様に、11〜20まで数値でしたら、いずれも合計は160と同じになりました。

それでは以下のケースはどうでしょうか?

No.数値四捨五入
11210
21310
31520
41010
51520
61110
71820
81720
91620
101110
138150
四捨五入140 

あれれ。

今度は先に四捨五入した方が150で、後で四捨五入した方は140と異なる結果になってしまいました。

恐らく大多数の方が、答えは常に同じになると思われていた事でしょう。

ではなぜこの様に異なる結果になるのでしょうか?

その理由はまた明日。
タグ:算数
posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月18日

四捨五入の罠

さて今日は、昨日予告しておりました様に、誰も知らない四捨五入の罠についてお伝えしたいと思います。

四捨五入とは、以下の通り0〜4は切り捨て、5〜9は切り上げて表示する事です。

0、1、2、3、4
5、6、7、8、9

切り捨ても、切り上げも同じ5個ずつですから、特に矛盾はないですよね?

ではそこで質問です。

今ここに10個の二桁の数値があるとして、その合計値の一桁目を四捨五入するとします。

このとき、一つずつを四捨五入した後に10個を合計した場合と、全部を合計した後に合計値を四捨五入した場合では、二つとも同じ数値になるでしょうか?

答えはまた明日。
posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月17日

割り算


今日は非常に簡単な割には難しい算数の勉強です。

これが分かる方は、かなりの通です。

1を3で割ると、答えは0.333333333....です。

それを3倍すると、答えは0.99999999....です。

ですが、1/3を3倍すると、答えは1です。

これを式にすると以下の様になります。

1÷3×3=0.99999999....
1/3×3=1

答えは同じはずなのに、なぜ違うのでしょうか?

続きを読む

タグ:算数
posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月16日

1mとは

さて、昨日の続きです。

テレビでも、良く聞きます。

地球の外周は、約4万kmです。

ですが、これは間違いです。

誰が何と言おうと、”約”と付けるのは間違いです。

恐らくこんな些細な事を指摘をするのは、私ぐらいかもしれません。


続きを読む

posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月15日

世界一周

アカデミックな話が好評なので、今日は長さの話をしたいと思います。

突然ですが、皆さんのクルマは、既にどれくらい走行されていますでしょうか?

一般的な使用でしたら、年間の走行距離は1万km前後ではないでしょうか。

だとしますと、10年ですと10万kmに達します。

この10万kmだと、地球を何周しているかご存じでしょうか?

地球の1周は4万kmですので、なんと地球を2周半しているのです。
round.png

今まで世界一周なんて1度もやった事も無いのに、まして狭い日本内でありながら、既にクルマに乗って地球を2周半分も走行しているのに驚いてしまいます。

それはそうといよいよ本題です。

ネットで地球の円周を調べると、約4万kmと書かれています。

中には地球の半径が6378kmだから、約4万kmと書かれた記事まであります。

とんでもない事です。

一体どこが何故とんでもない事なのかは、次回に続きます。

 

タグ:長さ
posted by Mac at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月14日

サイバネティクス

今日の話題は、SMAP解散と株価下落だったのでしょうか。

興味深いのは、芸能レポーターもアナリストも、この事態を全く予想していなかった事です。

それで思い出したのは、MITの数学者であるウィナーが提唱したサイバネティクスです。

cybernetics.png

サイバネティクスをネットで調べると、機械の自動制御や動物の神経系機能の類似性や関連性をテーマに研究する、心理学、生物学、物理学、数学等を包括した科学の総称であるとあります。

これでは何のことだか良く分かりませんが、昔読んで思ったのは、あらゆる情報を使って未来を予測する学問だと言えば、当たらずとも遠からずではないかと思います。

その本に書かれていたのですが、すべての情報を取り込んで分析すれば未来は予想できるということです。

この辺は、デカルトの思想に似ています。

またその予想を元に何か外界に影響を与えた瞬間、また未来は変わるということです。

ですので、グーグルの様に膨大な情報を取り込んで分析できる企業であれば、いつか株価や芸能情報を予測できる様になるかもしれません。

ですが、それを公表したり、それを元に株を売買した瞬間に、その予想は外れることになるという落ちが付きます。

posted by Mac at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 耳より情報

2016年01月13日

ダイバーシティ

最近ダイバーシティー(多様性)という言葉を良く聞きます。

divercity2.png


すべての人が活躍する社会をつくるためには、ダイバーシティを正確に理解しなくてはいけない。
成長戦略としての女性活躍推進にむけたダイバーシティ経営をめざします。
ダイバーシティ社会の実現に向けたアプリやモノを開発していく必要がある。

ダイバーシティと聞くと、昔の車載TVに付いていたダイバーシティアンテナを思い出してしまいますが、以前からなぜ多様性がダイバーとシティーに関係するのかと疑問に思っていました。

divercity.png

という訳で、ようやく重い腰を上げてダイバーシティを調べてみました。

先ずスペルですが、何とdivercityではなくdiversityでした。

また、本来の英語読みはディバーシテイです。

もし外人にダイバーシティと言えば、間違いなく私と同様にダイバーがたくさん居る街を思い描くでしょう。

DSC00025.JPG

さもなければお台場にあるモールです。

またdiversityの語源はラテン語の”二つの方向”の意味で、最初の”di”は2の接頭語だそうです。

すなわち、duoです。

それでふと思い付いたのが、universityです。

このuniは1の接頭語ですから、どうやら”一つの方向”というのが大学の語源の様です。

となると、これからの大学はuniversityではなくdiversityの方が良いのかもしれません。

ラテン語を調べると、色々面白い発見があります。

それはそうと、なぜ多様性ではなく間違ったカタカナを使うのでしょう?


posted by Mac at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月12日

挑戦

寒い1日でした。

都心では明け方、初雪が降ったそうです。

それとは全く関係なく、今日は突然思い立って古いビデオデッキの修理に挑戦しました。

DSC02152.JPG

これは過去何度か挑戦してもどうしても直せず、諦めきれずに放置してあった物です。

それで今日の結果ですが、訊かないでください。

またいつか再挑戦です。
posted by Mac at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 修理

2016年01月11日

Xperia Z5

昨年に引き続きXperia Z5とiPhone 6sの比較記事を書いています。

調べてみると、性能的には断然Xperia Z5の方が優れています。

買い換えたいのですが、ここまでの機能を使いきれないので我慢です。

ところで、Xperia Z5には未だにFMラジオが付いているのに気が付きました。

SONYの意地を感じます。


タグ:iPhone 6s
posted by Mac at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | IT

2016年01月10日

PC

PCの調子が悪くて困ってます。
突然、キーボードの”K”と”スペース”の反応が悪くなるのです。
何か書こうとしたときにこうなると、出鼻をくじかれます。

キーボードを変えても同じなので、間違いなくPC側なのですが、どうしても原因が掴めません。
思い切ってリカバリーするか、思案中です。


posted by Mac at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | IT

2016年01月09日

図面

ついに図面を書き上げました。

これを見て何か分かって頂けますでしょうか?

joint.png
そうです。

昨年失敗の連続でした、ウィンド・サーフィンのジョイント部です。

これがうまくいけば、小さなセイルをボードに取り付けることができます。

これから使えそうなビスを調べて、それから業者探しです。

2016年01月08日

新月

今夜はやけに星が良く見えるなと思ったら、明日が新月でした。

そういえば最近しったのですが、もし月が無ければ人類は存在していなかったそうです。

月について、もう少し調べてみようと思います。
タグ:
posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) |

2016年01月07日

シェル・コレクター

渡嘉敷島で撮影された映画、シェル・コレクターがいよいよ公開されるそうです。

てっきり恋愛系だと思ったのですが、予告編を見ると、ちょっと怖そうです。


 
ポスターを見ると、封切りは2/27(土)で、テアトル新宿と桜坂劇場ほかとなっています。

shell.png


桜坂と聞いておやっと思ったら、やっぱり沖縄の桜坂でした。

近くに洒落たBARがあります。
タグ:映画
posted by Mac at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月06日

米アップル株が一段安

今日のトップニュースは、北朝鮮の核実験なのでしょう。

でも本ブログは、やはりAppleネタでしょう。

今日の報道によれば、アップルは2016年1〜3月期にiPhone6sの生産量を計画から3割程度減らす見通しだとの事です。

理由は、前モデルと比べて機能向上が乏しかったほか、ドル高に伴う値上げなどが響き、中国や日本、欧米などで流通在庫が積み上がっていることが背景にあるそうです。

中国バルブ崩壊の影響もあり、株価も昨年2月のピークから23%も下落しています。
apstock.png

ご存じの様にiPhoneは日本をはじめ多数の企業から部品供給を受けて生産されています。 

ですので、日本の部品供給会社にも大きな痛手になると報じられていますが、それはとんでもない間違いです。

当然ながらそんな場合を想定して、万一フォーキャストを下回った場合、補償金がアップルからベンダーに支払われる契約が結ばれています。

ですので、その生産能力を別に回せる企業は、むしろ喜んでいるかもしれません。
posted by Mac at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月05日

暖冬

暖かい日が続きます。
DSC01989.JPG

日本側はそれなりに雪は降っている様ですが、太平洋側は穏やかです。

調べてみると、この冬は北米もヨーロッパもロシアも暖かなので、暖冬だと経済にはどんな影響があるのだろうなどと考えていたら、とんでもありませんでした。

何とモスクワでは年明けから温度が一気に下がってこの数日-15℃以下の気温が続いており、その寒波が東ヨーロッパにも波及しているそうです。

そして明日からは、日本にも寒気が襲ってきそうです。

タグ:天気
posted by Mac at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 天気

2016年01月04日

メンタリスト

メンタリストはご存じでしょうか?

menta1.png

読心術者が殺人犯を暴きながら、自分の家族を殺したレッドジョンなる連続殺人鬼を探す海外ドラマです。

その容疑者は7人まで絞り込まれた所で、シーズン5が終わりました。

menta.png

思いがけない人が犯人のはずなのですが、どうしても誰だか分かりません。

モルグ街の殺人、黄色の部屋の謎、オリエント急行殺人事件、Wの悲劇等々、予想外の犯人は既に出尽くしています。

となると予想外の犯人は、もう主人公しかあり得ません。

すでにアメリカでは最終シーズンはオンエアーされています。

一体真犯人は誰なのでしょう?
posted by Mac at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマ

2016年01月03日

α99II

本ブログをご覧の方で、カメラが趣味の方はいらっしゃいますでしょうか?

ご存じかどうか分かりませんが、今年はオリンピック開催年であることから、ニコンとキヤノンからフラッグシップのデジカメ一眼が発表されます。
image197.jpg

とは言え、この2機種は完全にプロ用機材であり、下手な横好きのおじさんには全く関係ないカメラとも言えます。

一方SONYのフラッグシップ機であるα99というデジカメも、もうすぐモデルチェンジを行うそうです。

こちらは上記2機種より、ちょっと手が届く可能性のあるカメラになります。

この後継機についてネットで調べると、ルーマーなる方々が、驚きの技術が搭載される、革命的なハイエンドカメラになる、デジタル一眼市場を揺るがすミラクルウェポンになる等々話されていますが、結局の所何の事だかさっぱりわかりません。

だったらという訳で、勝手にα99後継機の仕様を予想してみました。
image196.jpg

もし興味がありましたら、こちらを覗いてみて頂ければ幸甚です。


タグ:カメラ
posted by Mac at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ

2016年01月01日

ラグビー

正月特番で五郎丸氏の姿を良く見かけます。

yamaha2.png

突然ですが、そこで問題です。

ヤマハには、ヤマハ発動機と日本楽器がありますが、五郎丸氏はどちらに所属しているでしょうか?

実は、このユニフォームのロゴを見るとそれが分かるのです。

答えは発動機で、以下の様に両社でMの文字が僅かに異なるのです。

yamaha.png
上がヤマハ発動機、下が日本楽器

ついでに、マークについては音叉棒の付け根の位置が異なります。

飲み会のネタには使えるかもしれません。

posted by Mac at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ