2017年02月27日

スピーチ

フランス国民戦線の党首ルペン氏のスピーチは、論理的で説得力があった。

忘れない様にメモしておこう。

法治国家と言うのは、判事が統治するという事ではありません。

その様な統治は、民主主義の逸脱であり、まさにアンシャンレジーム期の寡頭政治の様なものです。

当時のそれは、改革を阻み結果的にフランス革命をもたらしました。

司法は権威ではありますが、権力ではありません。

司法は法律の適用のためにあるのであって、法律を作るためにあるのではありません。

国民の意思に反して立法者になる事はできないのです。
posted by Mac at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178927171
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック